制作室

2012年09月21日

制作室では廃材を使い、思い思いにものづくりを楽しんでいます。

 

食品トレイで舟を作り、バケツに浮かべてみる年中組のお友達。

わりばしにレースのひもをくっつけて、新体操を踊ってみせてくれる女の子。

2つの牛乳パックをひもでつなぎ、電車を作った男の子。数日後に制作室をのぞいてみると、パンタグラフと鉄橋もできあがっていました。

 

子ども達と一緒に制作をしていた職員がふと言った「手がいくつもあったら一気にたくさん作れるのにな~」の発言に、ある女の子が「これでいっぱい作れるね~」と、はさみを使って腕の形に切った紙を、セロハンテープで職員の腕に貼りつけてくれました!それを見ていた周りの子ども達は大笑い。

 

子ども達の自由な発想と観察力には本当に驚かされます。

 

作り終わらなかった発明の続きはまた明日・・・

トップページへ